ryunahi’s blog

子育てや日常雑記などなど

SL230スポークcover

通勤にバイクを使用している二児の父親のryunahiです。

SL230と言う古いバイクなのですが最近、あちらこちらにサビが浮き出ています。特に酷いのはフロントタイヤのスポークです。

こんな感じです。

f:id:ryunahi:20170618085049j:plain

そこで、調べますとスポークに被せるストローが販売されているので、購入し装着してみましたのでレポートを書きたいと思います。(サビを隠すだけで、根本的な対策では無いです)

紫ストロー490円にて、購入したのはこちら  (色が違いますが)

中国からの国際便にて到着しました。(注文から到着まで、一週間でした)

開封すると、こんな感じ。送料を含めての490円なら良い感じです。

f:id:ryunahi:20170618085048j:plain

ストローには、スリットが入っていてスポークに入れ込みます。スポークよりストローが若干長いので、ヒモで長さを計り切り落とします。フロントスポークの長さは全て同じたので切り落とし量は同じで行きます。

f:id:ryunahi:20170618085050j:plain

指でスリットを広げながらスポークに、はめ込みます。(親指痛くなります)スポークが交差する部分が、嵌めこめるか心配でしたが大丈夫でした。また、スポーク径よりもストロー内径が大きすぎの感じがします。

片面のみストローを入れ込むとこんな感じ。

ちょっと紫色だと派手ですがサビが隠れて良い感じです。

f:id:ryunahi:20170618085051j:plain

フロント両側完了。

f:id:ryunahi:20170618085052j:plain

同様にリアスポークの作業します。再びスポークの長さを測りストーローを切って、はみ込みます。クロスするスポーク左右で、長さが違うと思っていたのですが同じ長さで大丈夫。また梱包数が72本入りでしたが、作業完了後4本余りSL230の前後スポーク数は68本となります。

総評として

長年乗っているSL230、スポークサビが多くなってきて見栄えが悪くなって来てます。根本的な解決では有りませんが、低価格で簡単に(親指が痛いが)見栄えが良くなる部品としてスポークに被せるストローは、良いと思います。後は夏の日差しや冬の寒さにストローが耐えられるかの問題が残ります。

買って良かった度、70点(ストローが3~4年耐久すれば)

 おわり